酵素の役割とは?

サイトマップ
ヘッダー画像

トップ(水素水の種類) > 酵素の役割とは?


酵素の役割とは?





ここ数年、爆発的なブームを見せているダイエット方法なのが酵素ドリンクを利用する
というものです。

たしかに、酵素は体にも良くてダイエットや健康維持にもよ野草なイメージはあるので
すが、そもそも酵素とはどういったものなのでしょうか?


もともと、あらゆる生命活動において必須である酵素は栄養素の中でもとりわけ大切な
ものとなっています。
とくに、終始エネルギーを体内で生み出して消費することでエネルギー活動をする人体に
とって酵素は重要な役割を持っています。


酵素を考えるとき、大きく分けて潜在酵素と食物酵素の二つです。
このなかで特に注目したいのが潜在酵素のうちの消化酵素と代謝酵素です。


食事によって摂取した食物を消化吸収するために使われるのが消化酵素で主に胃腸を中心
とする消化器官で消費されます。
一方で、代謝酵素は体の細胞を形成し自然治癒力のベースになるなど、生命活動に直結
するものです。

加齢とともにこの代謝酵素は減少傾向になりますが、それを補うものとして注目されているの
が食物酵素です。

新鮮な野菜や果実、動物性食品などに豊富に含まれている食物酵素は、日頃の食事から
取り入れることで消化酵素の手助けをしてくれます。


このように、人が生きて行くためには必要不可欠な栄養素でらうばかりではなく、より
健康的で病気を遠ざけるためにも重要な酵素は普段から意識して摂取を心がける必要が
あります。

話題のデトックスや体を錆びつかせる活性酸素のコントロールにもその背後には酵素が
しっかりと働いているからこそなのです。

したがって、普段の食事が栄養的にアンバランスであったり、酵素が少ない鮮度の低い
食べ物を取り続けていると、必然的に体内における酵素量が減るため、病気になりやす
かったり疲れやすい体に傾くことになります。


このように、人間は見えないところで酵素が絶大な働きを持っているからこそさまざまな
活動ができているというわけです。